読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

おかえり…ジミー【財布紛失事件、その後】

あの…

あれほどの大騒ぎに発展し、数々の名探偵たちの推理を受けたジミーの件です。


名探偵が本当に凄くて。

推理①ピザ屋の女の子犯人説
推理②酔って冷蔵庫で冷凍説
推理③部屋の捜索不足説
推理④スリ説

いろいろありましたけど。


まあ、なんて言うか。
大変申し上げにくいのですけど、



ジミー(財布)無事帰還



帰還というか、そこにいた。というか。

なんというか、
大変お騒がせしました!!!!


ジミーが『落ちてきた』時、嬉しくて泣いた。

会えない時間が『愛」育てる。って、アレがマジだとこの年になって知りましたよ。
もう、ジミーに対しての『愛』が炸裂しすぎて、ジミーが『落ちてきた』時、叫んだ…!!


ジミー>>>>>>>>>最近ハマっている「DANONE OIKOS(ヨーグルト)」>ロマンス小説>岩橋くん>>>>>>>>>唐揚げ>>神宮寺、岸くん>>>通勤時に見かける可愛い犬



くらいのレベルでジミーが好きになりすぎて困る。


9月30日。

前日の夜中に発覚した『ジミー行方不明』、この日は『松倉海斗くんの「SHOCK」梅劇千秋楽』と、私がサマパラからドハマりしている『作間龍斗くん13歳の誕生日』を祝うため、前々から約束していた飲み会がありました。

私は最近ジャニヲタ界から完全に遠ざかっていたため、久々にヲタクの友達に会う機会であるこの日を楽しみにしていて、今話題の『デュアルモニタールーム』とかいう壁全面がモニターになったカラオケの部屋で、セクパワのブルーレイ見よ☆!!などと盛り上がっていました。

でもね、ほら…私ってば、前日にジミーを紛失しているじゃないですか。

ジミーという名の『JIMMY CHOO』の財布を。

財布の中に入っていた銀行のカードも一緒に不明のため、当分は『金』がないっていうか。

もはや、手元にはお母さんに貰った『1万円』しかないっていうか。

いくら『宵越しの金は持たない』ワイルドタイプの私といえど、ジミーを紛失したいま。

身分を証明するものもなく、キャッシュカードも、銀行カードも何もない状態で、それらのカードをいつ再発行できるかもわからない。『1万円』のみで、いつまで暮らせばいいかもわからない状態ですよ。

正に絶体絶命のピンチ。

テレビの企画でもないのに『1万円生活(期間未定)』ですよ。

その初日に、久々のヲタク飲み会(デュアルモニタールーム)。

黄金伝説だったらこの時点で企画倒れ決定ですけど、まあ行きますよね。行くしかないっていうか。


1万円にソワソワしながらの長い夜。

①1次会:居酒屋「テング」
②2次回:カラオケ「ビックエコー


を満喫。
衝撃的なことに、思いのほか『デュアルモニタールーム』を楽しんだカラオケが『高級』すぎて(夜だったので)この日、記念すべき『1万円生活』初日…

気づけば残金は1,500円に…

1万円生活1日目に8,500円使ってしまったわけ。


なんですかねー。
クズなのかな。良くわからないけど、

もう『借金』決定ですよね。※身内に
それしかないっていうか。

元々、1万円生活など自分には無理なので、身分証ができるまで『借金』しかないな、ってわかっていたけど。

重い足取りですよ。

地元の駅についてから、楽しい時間が終わりをつげ、まずは駅の駐輪場に止めたままの鍵をなくし放置された自転車を恨めしい目で見つめ、発作のようにジミーを思い出し、トボトボといつもの3倍時間をかけて帰宅しました。


10月1日。

ジミー紛失の件で運転免許証「再発行」の必要があることと、ジミーへの未練が断ち切れない、という深刻な理由で事前に有給休暇の申請をしていた私は、8時ごろゆっくり目覚めました。

気分は重い訳ですよ、それは財布を紛失してこれから免許の再発行のため『警察署』に行くんですから。

誰が好きこのんで『警察』のご厄介になるってのさ、免許証再発行で行く『警察署』の前に最寄りの派出所へ行ってジミーの紛失届も出さなければならないし。
高圧的(偏見)な人が苦手なんだよ、昔から!!

大学生の時、無実の罪(チャリの窃盗、自分の自転車だったのに!)により、夜道で怒られた挙句、間違えだとわかった後も謝られるどころか「こんな夜遅く(21時、しかも私は当時20歳)に自転車でいる君が問題だよ」とキレられてから苦手なんだよ、ポリスが…※トラウマ

そんな恨みを抱えたまま、「ラララ・ラ・サンバリトゥナイト@織田雄二」する気にはなれないわ。

とか考えながら、
警察署に行きたくないがために、サッともう一度部屋の中を悪あがきで探してみたり。


警察署に行きたくないがために、アナキャンベル(ヒストリカルロマンス小説)読みはじめて現実逃避しようとしたりして、、

それでも行かなきゃならないじゃないですか。

ジミーいないし。

10時すぎになり、諦めた私は仕方なく顔を洗い、まゆ毛だけ書いて、適当に出かける準備をしました。

どうでもいいや、警察署とかオシャレする必要もないし。

財布ないから寄り道もできないし。

もはや、スウェットでもいいや。とか思いつつ。

普段はあまり着ないのですが、忘れたように部屋の角にあったパーカーでいいや。警察など、適当で。

とか思って。
投げやりですよ。投げやりな状態で、パーカーのかかっていたハンガーをよく見もしないまま掴んだんですよ。



その瞬間…

ジミー落下。



!?

!?

!?


え???


パーカーのフードの中から、ジミー落下


じ、じ、じ、、、


声もでないとはこのことですよ。


ジミー無事発見。


この瞬間、浮気現場を目撃した人みたいな顔になっていたはずです。

「なぜそこに…」みたいな。


盲点。

完全に盲点。

まさかフードの中とはね。はは…
予想できないって、コナンだとしても。


唖然→興奮→安堵


そこからですよ、もうね、大騒ぎした手前があるじゃないですか。
あと、ご迷惑をおかけした探偵団になんと説明しよう、っていう。思い。

「ラララ・ラ・サンバリトゥナイト@織田雄二」する気にはなれない、などと辛辣な発言をしたことに対する、反省。

探偵Kと共に疑ってしまった「ピザ屋のあの子」に対する謝罪の気持ち。


みなさん、、めんご☆

めんご、というか、ごめんなさい。というか、大変お騒がせいたしましたことお詫び申し上げます。という感じです。


一応、中身を確認したところ。
当然ですが7万円も無事、岩橋・岸・作間のラミネートされた小さい写真も無事、各カードも、免許証も無事でした。


もうね、先ほどお話しましたが『据え膳は喰う』と『宵越しの金は持たない』が私のモットーなので、寿司食いに行こう。とこの時点で決意したわけです。

失ったと思っていたジミー(7万)が帰って来た(っていうか、ソコにいた)んですから、なくなったものと考えて高級寿司食ってEーじゃん。ってわけ。


それから私は、ジミーの余韻に浸りつつ、もう一つのトラブルであった自転車の鍵を直すため、その足で駐輪場へ行き、自転車を引きずりながら自転車屋さんへ行き、、、

今後は鍵をなくす、という問題を起こさないため。



ダイヤル式の鍵を購入したのでした。


もちろん、

この厄日を二度と忘れないため、四桁の番号は『0929』岸くんの誕生日こと、ちゃみん史上最悪の日です。



おわり


※人生で一番困るのはスマホがなくなることだろう、と思っていたけれど。

財布がなくなった疑似体験を2日間した今となっては、ジミー(財布)がなくなることが何より怖い。