読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

【ガムシャラ動物園】安井飼育員「精神と時の部屋」での戦い【ガムシャラ夏祭り】

精神と時の部屋」ってのがあってだな。

レジェンド作品「ドラゴンボール」に登場する悟空などが修行のために利用する部屋なんですけど、はてなダイアリー曰く「A.時間の流れが外界とは違い、外界での1日が、この部屋の中では1年(365日)に相当する。短期間でパワーアップが可能になる」とあります。

つまり、普通の世の中でダラダラとそうめん等を食べて生活している状態ではとてもできない、ものすごい濃い~修行が短期間でできる場所ってことなんですけど。

安井くん…

精神と時の部屋での修行、おつかれ。

いや、安井飼育員。
何度でも言うけれど、本当にお疲れ。

現在ガムシャラ夏祭りも佳境を迎えてますけど、30回に及ぶたった一人の戦いがアツすぎて…

我武者羅メンバーは、全員がんばったって丸見えなので(テレビでも放送されますし)色んな人に褒めてもらえるかもしれないけど、アンタこそあの多種多様の動物園をよく一人でまとめあげてるよ。

君のおかげでガムシャラ夏祭り、
とても楽しいよ。

安井くんは、我武者羅対決を見て「いいなぁ、俺も何か挑戦したかった。羨ましい」と成長と進化の機会を強制的に与えられた我武者羅メンバーを羨んでいましたが、

精神と時の部屋」にぶち込まれたのは君ただ一人だから!って…言いたい。

同じ時間でも断トツ一番進化するぜ、今年○○歳になる私が言うんだから信じてほしい。

確かに、我武者羅メンバーは体力面も精神面も、色々な部分で貴重な経験と成長をしたけれど、たった一人で「精神と時の部屋」に入ったの、君だけだから。

本当に大変だと思う、飼育員一人だなんて聞いてないよ!って思ったことでしょう。

【ガムシャラ動物園】

チーム我:大きな動物Zone
チーム武:ふれあい広場(ウサギなどの小動物がいる))
チーム者:サル山
チーム羅:猛獣Zone(ゴリラだって猛獣)
マリウス:天使

安「えっ?俺、一人ですか?30公演?サル山とふれあい広場は管轄外なんですけど、ましてや天使って動物じゃないと思うんですけど…あっ、ですよね、何でもないです~仕事でした~、頑張りま~す」

経営陣に言われたら逆らえないんですよ、それがサラリーを貰って働いているということですから。

板ばさみになるのが中間管理職というモノですから、噛まれようが、黙りこくられようが、無視されようが、上から圧力をかけられようが、全てに対応し時には叱る、嫌な役をかってでる、しつけとは自らの精神を削りながらの闘いなのです。

【安井くんの苦労】

①大きな動物(我)への対応

・勝った時
安「いやぁ~ダンク凄かったよ!興奮した」
ジ「ダンクが決まったのでね、まあ~よかったですよ、頑張りましたから」

・負けた時
顔面蒼白の半澤
安「はんざわ!だいじょぶか?」
半「(しーん)」
他は大人なので(高校生含む)他チームよりはマシな凹み方、でも落ち込む。


②小動物(武)への対応

・勝った時
安「お前ら!凄かったぞぉ、蓮音も頑張ったな」
蓮音「(ニコッ)」
武「(ニコニコ)」

・負けた時
安「負けちゃったけど、かっこよかったよ!元気だせ!!げんきのバク転も決まったな…」
玄「…(屍)」
海「…チッ(イラッ)」
元「…(泣)」
颯「…ね!!」
蓮「…」
安井くんを困らせる沈黙の民(というかリーダー)。


③サル(者)への対応

・勝った時
安「凄かったぞ」
者「イェーーー!!!!やったぁ」
安「じんが最初シンバル持って出てきた時、チンパンジーのおもちゃかと思ったぜ」
神「ちょっ(嬉)やめてくださいよ~ww」

・負けた時
安「残念だったな、じん」
神「…でも、次がありますから!次も頑張ります!!」
嶺亜、怒りの絶対零度炸裂


④猛獣(羅)への対応

・勝った時
安「やべぇ!すげぇ!何なの?完璧じゃん」
羅「いぇーい、ギャー(大騒ぎ)」
樹「まあ、結局俺が一番カッコイイっていうね」
羅「フォォォーー!!!!(大騒ぎ)」
安「うるせーよ!!怒」

・負けた時
安「まあ、次ね、あるから」
羅「(しーん)」
北「いやでもノーミスだったんで…」
樹「…うん、あの」
安「ちょっと羅が大人しくなってる」
空気を変えるためモロちゃんの芸
羅「次勝てばいいってことっしょ!!」
安「ポジティブダナー」
羅でさえ落ち込ませるチーム戦の恐ろしさ…。

という雰囲気で、※事実を元にイメージで捏造しています。

まさに4チームそれぞれ、全く特色や勝敗が決定した時の態度が違うので、我武者羅4チーム(下手したら人間ごと)全てに対応を変える安井くんがどれだけ大変なことか…

今まで見てきて思いますけど。
私が安井くんの立場だったら。

4人(具体的)は、ぶん殴っている。

勝った場合はいいんですよ、どうでも。
勝ったチームの個人が相手チームを気遣えばいいだけですから。

むしろ、相手の健闘を称え相手チームも凄かった!と言える子が遥かに多いのですできないやつもいるがな(-_-)

自分たちも頑張ったからこそ相手の気持ちもわかるってもんだ。

しかし、
負けた時ですよ。問題は。

我武者羅メンバー…

残念ながら「順位を決められる」ということになれていない「ゆとり」よりさらに下の若者たちですから、手に手を取り合って全員でリレーのゴールテープをきるよう教えられ育ったため、残酷なる競争になれていない若者たちですから。

それは直ぐ泣いちゃいますから。

我々の時代は「男は人前では泣かない」ものでしたが、今や男こそ泣くのです。

野々村議員も、そりゃなくさ。

そんな泣いちゃう負けた子たちのケア…安井くんの役目だから。

一番やりたくない「慰める」ってアレ、安井くんたった一人でやってるから。私たちが応援していたチームが負けて嘆いていたり、負けて本気で落ち込むメンバーに…


「よくがんばったよ」
「凄かったって」
「次があるよ」
「完璧だったのに惜しかったな」
「どっちが勝ってもおかしくなかった」
「俺には絶対できないZe」

勝敗が決まった後の安井くんの顔…思い出しただけで泣ける(涙)※注目ポインツ

まず、負けた方を見る。
これですよ。

「(げっ、「武」が負けちまった。どうしよう、あいつら全員泣きそうになるんだもんな…)」って思いますよ、私だったら。

「(みずきが真っ赤で涙ぐんでる、、どうすれば)」

「(落ち込んでる子がいるのに、ヲタクがうるせぇな)」

「(おいおい、颯と嶺亜が変なこと言ってるけど、どう対応すればいいんだ!?答えが見つからない)(※岸くんというキング不在のセクバトリッキー2トップ(K→岸、Q→嶺、J→颯))」

そんな…
安井くんの苦しみが、お前ら(我武者羅メンバー)にわかるか!?

お気楽なお前らに…(泣)


私だったら、「武」が負けたら嫌だ。一番慰めるのが難しい…むり!

落ち込んで半泣きになったり不貞腐れる「武」の対応をしなければならないというタスクを追った瞬間に…



吐血する。※嫌で


さて、ガムシャラ動物園の「精神と時の部屋」にぶち込まれ、対決はしないながらも一人奮闘する安井くんを見るのも、ガムシャラ夏祭りを見る上の楽しみになってるわけですけど。

行く人はちゃんと安井くんの言うことをききましょうね。

風の噂で、J寺のファンが説教くらったと聞きましたからね~。ダメですよ困らせちゃ。

対決などなくても、安井くんには毎日の気苦労が耐えませんからね。

「ガムシャラ夏祭り」も8/10までなので残りわずかですが、毎日頑張っている安井くん、ボ松。対決日ごとですが全力で挑む我武者羅メンバー。そして、「チーム○に入れろ!」という厳しいファンの目を浴びながら先輩を採点するバックのジュニア。

全ての出演者が、成長できる機会だと確信できる「ガムシャラ夏祭り」ですが。

特に安井くんは「精神と時の部屋」でどんだけの動物たちを操れるかという、誰もやりたくないタスクを負いながら奮闘していますから、完走したらきっと何かが変わるはず。安井くんにしかできないことだと思います。自分だったらやりたくない。

我々も、安井飼育員にご迷惑をお掛けしないよう、盛り上がりつつ、応援していきますゆえ。よろしくどうぞ。

しかしさ。今回こそ「ジャニーズJr,の真実」作ったらいいのに。

現実は小説よりも奇なりというけれど、ドラマ満載で。Jrを見ていて楽しい理由が「ガムシャラ夏祭り」には全部詰まっているのに。

対決以外の舞台裏もみたいくらいです。


あと、これは切実なお願いですけど。

我武者羅メンバー、安井くん、聡マリ、全員連れて慰安旅行にでも連れて行ってそれを放送して☆

見れば見るほど、全員がんばってますから。

見ている方は、ただただ楽しいので。
「ガムシャラ夏祭り」が終わったら生きる気力がなくなるレベルw


※余談ですが岩橋くんと神宮寺が「ガムシャラ夏祭り」の中で、ずっとではありませんが事あるごとに、今までの歴史の中でも最強にイチャイチャしていて目撃する度「ああ、そうですか…」状態なのですが。
ホッペを触るのにも、おんぶするのにもマンネリを感じているのか知りませんが、神宮寺(の野郎)がとうとう岩橋くんのほっぺに、チューしました。公の場で。一度ならず二度までも…

そして、8/7の2部で…
岩橋くんから神宮寺に…やってしまったようです(屍)

神宮寺はそれはそれは幸せそうな顔で自らのほっぺたを触っていたと友だちが言っていました(震)

越えてはいけない一線を越えてしまったな(引)


私は、同性のチョメチョメには一切興味はないのですが、腐女子でジャニヲタの友だちがガムシャラでのじぐいわの噂を聞きつけ連絡してきました。


日々の二人の行動(岸くん含む)を見慣れている私は、

「いつもやっているので、ああ、そうですか」って空気になっている事、岸くんも含めると更におかしな関係なこと、そしてついでに神宮寺と岩橋くんの見慣れた画像を送ってあげました。

それを見て、腐女子の友だちがひと言。


「これを見て、萌えない腐女子はいないぜ」



だってさ。
末長くお幸せに

さようなら、そしてさようなら。