読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

とりとめのない話&コメントのお返事

去年の秋頃は、

 

突然のじぐいわの現場行方不明(岸くんはドラマだか映画があったよね(※見てない))にすっかり気が抜けていましたが。

 

2016年度のプリンスは、

マジで超多忙なんです。

 

冠番組「真夜中のプリンス」開始を皮切りに、

セクゾのツアーバック、

クリエ、

 

↑ここまで終了

 

サマステ EXシアター

サマパラ TDC(未定)

ジャニーズ・フューチャーワールド 博多座

岸くんの誕生日(21歳…もう禿げはじめたっておかしくない震)

ジャニーズ・フューチャーワールド 梅芸

神宮寺の誕生日(19歳…サヨウナラ永遠の中学生)&じぐいわ(ジャパハイ)入所記念日

 

そして、、、

12月にはわたしが5年間恐れてきた、岩橋くんのは○ちという恐怖イベントが…

 

あああああああああああああああああああああ!!!!!

信じたくないいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!

 

 

と次の現場や(恐怖)イベントが目白押し!!

 

おそらくこの間にも、

岩橋くんの毎年恒例夏風邪、

じぐいわ喧嘩、

というおなじみ(2億%発生する、賭けてもいい)の夏の風物詩が起こるとおもいます。

 

これらは、

どこに控えているか不明ですが、また色々あるんでしょうね…

 

でも、いつもそういう色々を乗り越えて大きくなるからね、いいんですよ。

※岩橋くんの風邪はよくないので体調管理必須!

 

 

プリンスのサマステ初日はいつでしたっけ?

7月30日??←まず覚えていない

 

それまでは、体力を温存して忙しい夏と秋に備えて行きたいです。

EXシアターの3公演とか、本当に辛いですからね〜。

 

 

以上です。

終わり

 

 

 

 

続きを読む

因縁の当日券-後編-【クリエ】

→前回からの続き。

 

cyamince.hatenablog.com

 

・前回までの簡単なあらすじ

プリンスの三人が喜ぶ&平日のお昼から飲酒をしたいという理由から、会社を早退しシアタークリエに向かったわたし。溢れる花柄のスカートをはいた女の子たちに圧倒されるまま午前中の当日券チケットの乱に参画するが、あえなく敗退。

 

夜の回の『当日券の乱』開始時間は16時半、それまで数時間あるため当たり前のように磯○水○へ向かい夜の当日券に並ぶ予定だった友達と合流した。

 

続きを読む

因縁の当日券-前編-【クリエ】


ジャニーズJr.の世界にはいくつかのグループがあって、沢山の世代や特技を持ったいろいろな人々がいます。

彼らはいずれも、その特性やどのラインに属するか?によって、様々な現場に振り分けられます。

 

先輩のコンサート、数々の舞台、テレビ、ラジオ…

 

ジュニアは山ほどいるので、一切関わりのない人や、たぶん岩橋くんと○○くんは話したこともないだろうなあ。みたいな人も結構いたりして。

 

しかし、その交わらないはずの線が1年に1度だけ、ジュニアの聖地「シアター クリエ」で行われるジャニーズJr.の祭り『ジャニーズ銀座』という現場で交わるんです。

 

そんなわたしたちジュニア担にとっては1年で最も重要ともいえる、ジュニア自身が主役になれる現場「クリエ」には、にわかに年々盛り上がりが増す大切なイベントがあります。



それが…

 

 

 

「当日券」の抽選です。

 

 

 


元々はひっそりと行われていたものだったため、


年々イベント化していると言った方が正しいかもしれません。

 


Youも参加しちゃいなよ。みたいな。
当たるかもしれないよ。みたいな。

 


まず、クリエのチケットというものは、入手困難な超プレミアムチケットなのです。

 

そのためイベント化する前からかなりの人々が列をなして、少ない当日券を求め並んでいました。

 

しかし、一昨年くらいまでわたしは殆ど並ぶことはありませんでした。

 

※開演の1時間半前から抽選開始のため、正直言って、寝坊しておきれなかったり、めんどくさかったのだ!!

 

そんな適当な当日券に対してのわたしの気持ちを変えたのは、去年行われた当時のAクリエ(後のキンプリ)公演でのことでした。

 

彼らの公演は、決定した当初から疑惑の公演でした(ゾワッ

 

当時彼らはグループでなく(別に今でもグループではないかもしれんが)超絶推されの現キングと、数年間セクバの前線に君臨していた現プリンスが突然括られたため、憶測を呼び、いろいろな意味で注目を集める公演だったのです。

 

公演数も多く、休日開催も多い、キンプリ6人に加えバックも多数、何かが起こるかも知れない…

 

このような要因からか、単に彼らがとっても人気があったのかは知りませんが、最終的に1000人近い女子がクリエの周りに列を作ったのでした。

 

もちろん「当日券」を当てて公演を見るために。


そんなある日のAクリエ公演のMCで、彼らは言ったんですよね。

 

興奮した面持ちで…

 


【MC(記憶補正あり)】

れ○「楽屋でスタッフさんに聞いたんやけど、当日券の人数が1000人越えたらしいで」

他「マジで!?」

○ん「すごいことやで」

他「わーわー、やったーぞお」

れ○「ホンマに暑い中ありがたいことやで、わかるかみんな?」

他「わーい、わーい、俺たちって凄い」

 

ホンマにありがとう~

 

ありがとう~
ありがと~
ありが~
あり~(エコー)

 
みたいなことがあり。※事実に基づく再現VTRです

 

そこで、わたしは初めて「当日券に並んだ人数は本人たちの耳に入ったり、報告を受けたりするもので、割と重要なんだな」ということを知りました。

 

そういえば、この少し前くらいからツイッターなどで各グループのヲタクの人々が当日券の列の人数で競っていたっけ…

 

ヲタクだけでなく、
本人たちも気にしているのか…



報告を受けるどころか、結果に一喜一憂しているっぽい。


明らかにめっちゃ喜んでいたし。

 

少なくともキンプリは鼻の穴を膨らませていた。※可愛い奴らよのお

 

気にしているんだな…


これには、母性本能をくすぐられるというか。

 

もっと調子に乗らせてあげたい。

という気持ちがでてしまって。


※わたしの応援スタンスが「恋」ではなく「サポート」なのでこういう可愛らしい反応には答えたくなる。



もっと、「俺たちってすげえ」って思わせたい。


その一心ですよ。

 

 

いいぞ!もっと調子に乗るんだ!!

 


特に、今回はプリンスとして3人ボッチのクリエ。


本人たちも幕が上がるまで、相当ドキドキしたと思います。


余談ですが、わたしの方と言えばサマステ以降の半年強、ヲタクでなくなっていたため、始まる前まではそれほど気持ちが盛り上がっていなかったっていうか。

 

まず、1回しか入る予定がない。っていうか。


まず、カバン買った上にMacBookも買っちゃった上に、メインのPCも買い替えた。っていうか。

 

そんな感じでした。
始まる前まで。


だけど、当日券は(寝坊しない限り)並んであげようと…。

 

本人たちが喜ぶのがわかっているし、3人になってファンの動向がどんな様子に変わったかもわからないので、不安だし、当券くらいはできるだけ並ぼうと決意していました。

 

全然人がいないって可能性もあるし。

 

まず、岩橋くんは非常にプライドが高いので去年の(キンプリの時の)自分に負けたと思ったら、たとえ6人合わせた数に負けたとしても、ふてくされるだろう…震

 

そんな、恐ろしいこと、阻止しなくては。


ゆるヲタなりに、プリンスのことはしょたのころから見ているし、応援してあげたい。そんな熱い気持ちがありました。

 

馬主の心境

わかるか?

馬主の愉しみ―ランニングフリーと私

馬主の愉しみ―ランニングフリーと私

 


なので頑張りましたよ。
今回、寝坊して並べなかったのは4回並んで1度だけです。※結局寝坊している件


開演の1時間半前から炎天下の中、通りすがる観光客にクレイジーと指をさされながら会場の前に行列を作るんです。

 

ここまで身を削ってこそファン。※異様な光景だと観光客に写真撮られるのつらい

 

クリエの係りの人の指示で、列を作るんですよ。

 

ジャニヲタはみなさん得意だと思いますけど、横5列、壁に沿って間隔狭くです。

 

わたしたち、統率された集団なので、言われなくても自然と横5列に…。

そして締め切りの時間になるまでその場で待機します。


夏みたいに熱い炎天下の中「やった!俺たちは人気だぜえ」と有頂天にさせるためだけに(当選の可能性も少しあるが)、つらい苦行に耐える我々。

 

岩橋くん、神宮寺、岸くん、

お前ら、わかるか!?

夏、ディ○ニーランドでファストパスを取り逃した時の長蛇の列並みにつらいんだぞ。それでも君らのために並んでるんだからな(激


まさに、愛。

 


列の人数で有頂天にさせたいがための孤独な戦い。※当たることは頭にない

 

もっと調子に乗ってほしいがための戦い。

 

そして、並んだあと当然のように外れて、今すぐビールを飲みたいがための戦い。

 

というか、もはやウーロンハイを飲むこと以外ほとんど考えていない

 

※昼からウーロンハイ飲みたい、飲みたい、飲みたいよお!!!!!!!!!!
レモンサワーでもいい!!


そのくらい待たされた時です。

 

やっと、クリエの係りの人がブロック毎に番号の書かれた紙を配っていくんですよ。

 

○○○番

と書かれている小さな紙です。

 

わたしがFクリエで最初に並んだのは、平日のお昼で一人だったんですけど。※会社早退した

 

一人でヒマなのでじっと待っていると、拡声器をもった係りの人が全ブロックに声が行き届くような配置に移動しはじめるんです。

 

そして、この回に並んだ合計人数と、当選番号を述べて行くんですよ。

 

その回の合計人数が多かったりすると、列からどよめきが聞こえたりして…。

 

それから、

「1番目のご当選は、○○番の方~○○番の方~」と呼ばれていくんです。


で、当たった人は係の人の指示に従い、列から外れ係の人に促されるままクリエの入口に向かうのです。

 

羨望の眼差しを受けながら。


当選人数は公演ごとに違っていて、大体15人前後です。

 

その公演によって、当日券に群がる人々の数も全く違うので公演ごとに倍率も変わってくるわけです。


よく、ツイッターなどで○○○人中○○人当選!倍率は○○倍です!!

 

という情報が流れていますが、問題は拡声器で呼ばれた当選人数ではなく、実際に何人入れたか?なんですよ。


恐ろしいことに、15人当選者として呼ばれたとしても、その日に大量に見学者が来ていたとか、偉い人が来たとか、様々な理由で実際の当選人数は絞られてしまうんです。

 

そのため、15人当選しても実際には6人しか入れない。
なんてこともザラにあるんです。


こわいですよね。

心配しても無駄なんですけどね。

 

だって、

どうせ当たらないからさ。

 

当然のように、この昼公演の当日券は見事に外れまして。

 

予定通り『昼』ですが居酒屋に向かったわけです。


これから自分にどんな運命が待ち受けているとも知らずに…


 

【ということで、後半へ続く】

 

→次回予告

 

思えば、いつもそうでした。


わたしがヲタ卒していた間、友達に誘われて松倉海斗を見に自分の名義で当たった「SHOCK」に一度だけ行ったら、岩橋くん…その会場に見学に来たよね。なんで、今日って思った。


2カ月あったのになんでこの日にいんのさ。

 

これ偶然って言える?
呪い以外にないよね。

 

他にも、わたしが他のジュニアを見にいこうとするたびに見学にきたり、飽きてる時にこそ『怨念』が発動するよね。

 

また、これは呪いなのか。

 

わたしが作間くんの話ばっかりして、内村颯太くんやひろちゃんがFクリエにいる!!天国やっほい!!!

 

とかいって、あんまり岩橋くんのこと考えてなかったからなのか。

※岩橋くん、チャクラ強すぎ

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

 

 

 

【Fクリエ】「3秒笑って」という、もはや歴史に残る名曲【総括③】


『3秒笑って』 とググって、

作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二

の大天才コンビが手掛けた作品と知り、思いました。


やっぱり…


と。

 

プリンスのメイン公演となったFクリエは、メインのプリンスはもちろん出ずっぱりなのですが、

 

バックとして参加したお兄さん無所(ひろちゃん、末武くん、三角くん、今村くん)と、ちび(皇輝、ヴァサ渉、颯太くん、黒田くん、元木くん)も、何度か名前を紹介されたり、曲を披露したり、

 

ちびに至ってはMC参加したりと全員が大活躍しました。※GJ・プリンス


中でも、先日解禁された限定CD発売すると噂の「ジュニアBOYS」である颯太くん、黒田くん、元木くん、を含むちび達は、フル稼働と言ってもよいくらいの活躍だったのです。

 

中二病を患っているわたしとしては、もう「プリンスさん、ありがとうございます!!」と土下座して感謝したいくらいの素晴らしさ。



★ちびの歌★
①When I was Seventeen(皇輝ソロ)
②Secret Agent Man

世界がひとつになるまで(Princeおまけ)
④3秒笑って


4曲もメインで歌うって凄い…

 

中でも④の「3秒笑って」という曲は彼らのオリジナル曲。※ジュニアBOYSのCD「勇気100%」のカップリング


これがですね、
アニメ『忍たま乱太郎』のEDテーマ曲らしいのですが…


最高の大名曲なんですよ。

 

うううううう…

もう、泣いていいかな?

 

お金のことばかり考えて、ゲスの人生を送っている心にスッと沁み込む真っ直ぐな歌声。

 

ゲスすいワイドショーや、しくじり再現VTRなどを見て「この人よりはわたしの人生の方がましだな…」とか思って生きているようなそんな人間でも、3秒笑ったらいいのかな??

 

まだ間に合う?

 


ワンフレーズ聴いて「そうだ、募金をしよう」と心に決め。

 

さらに聴いて、一筋の涙を流し。

 

さらに聴いて、自動的に振りを完コピし。

 


さらに聴いて、この子たち…

 

センターの者たちはすでに中学2年なので、もう少ししたら背が大きくなり、髪の毛を染めたり、先の尖った革靴を履いたり、革ジャンを買ったり、クロ○ハーツの何かを身につけて太陽の一族と化したり、ピアスをあけたり、女アイドルとのプリク○などが流出してしまう、挙句の果てに…黒マスクをする、可能性だってあるのかな。やだな…そんな未来つらいな。

 

みんなにまで太陽の一族になられたら、日本中が太陽神に祀られちゃうの?日出づる国の宿命?そんなの嫌だ。

家庭用日焼けマシン neotan-A60 ネオタンA60
 

 

と、もうこの先、
彼らに残っているのは大人への階段しかないのかな…

 


などと考えると、もうね。
それは、泣くしかないって。

 

泣きながら無理やり「3秒笑う」しかないってば。等と考えてしまうわけ。

 


(我々の中ではだいぶ前から)噂の颯太くんが、

まさかのジュニアBOYSのセンター。

 

ポスターで言うところの「(全Jrが憧れるNEWS時代の)山Pポジ」颯太くんが「P」の系譜に入るって誰が予想した!?※顔ひろむの好みじゃないっぽいのに

 

★華麗なるPの系譜★

のりP、山P ←レジェンドP(神)

 

たいぴー(藤ヶ谷氏)

(他にもいるけど忘れた)

 

さなピー
今ピー
とらんピー
ゆいピー(@おかず)
ゆうピー

そうピー(内村颯太きゅん) ←new


んんんんんんんん!
そうピー、かわいいいいいいいいい。

 

そうピー群を抜いてかわいい。正直、Fクリエで好きになった。

 


ということで、

 

そんな可愛いそうピーと、結構きもちわるいくらいちびに精通している私でも(そして私より酷いジュニアマンションに人生をかけている友達でも)「だれ!?」と思うほどの無名Jr含む「ジュニアBOYS」ファミリーマート限定予約CD「勇気100%/3秒笑って」が、6月27日(月)に発売だそうです。


んんんんんんん買ぁううううううううううう!!!
※とっくに予約済み


ちなみに、Fクリエのバックに付いていたのはこの中(ジュニアBOYS)の4名、そうピー、黒田くん、元木くん、福島くんですので、プリンス担の方は要チェック!!


福島くんは超貴重な小学生ですね、確か。

 

Fクリエはこの4人に、皇輝、ヴァサ渉、陸人がいたのですが、この3人はジュニアBOYSではないみたいですね。。なぜだ。。

 

正直、Fクリエで聴く限りほぼ全てのちび曲の歌唱をリードしていたのは、皇輝なのに皇輝なしでどうやっていくんだ…

 

わからないものですね。

ジュニアって。
音源聞いたらほぼ皇輝って可能性もある。震

 

これは…禁句かも知れませんが、


岩橋くんたち。
颯太君らにCD先こされてしまったな!


んんんんんんんんんんんんんつらい。


でも、


かわいい(そして、子供だ)からOK~☆

忍たま乱太郎 20th アニバーサリーアルバム オープニング&エンディング集

忍たま乱太郎 20th アニバーサリーアルバム オープニング&エンディング集

 

 

※3秒笑っては本当に名曲ですよ。まじ泣ける。

 

【Fクリエ】ピュ~っと吹く岸くん【総括②】


ジャニワコーナー、当日券の人数、アンコールにキンプリでのサマーステーション、岩橋くん謎の号泣…

 

Fクリエで話題になった事件は数あれど、

 

公演中の瞬間最大風速は『岸くんによるリコーダー演奏』を含む「てぃーてぃーてぃーてれっててれてぃてぃてぃ~だれのケツ~」でした…。

 

見学したジュニアたちは、ひとり残らず笑いすぎて過呼吸寸前に陥り(見てないから適当)ストーンズに至っては、本当に笑いすぎて大変なことになっていました(これは見た)。「ひぃぃぃwww」みたいな。

 

確かに、最高に面白く…

 

岸くん史上もっともウケたと言っても過言ではないのですが、おそらく、テレビなどで見れることはないでしょうね。


もったいないけど、

あのメンツでは今回のクリエ限定かな。

 

何が起きたかと言うと、プリンスにおいては定例行事とも言える、岸くん「やっちゃった!」ってやつです。


FクリエのMC明け…

なんでこの並びにした?というカオスなセトリが続きます。


世界がひとつになるまで(ちび+ぷり)→ちびとハイタッチ

②3秒笑って(ちび)

ひとりぼっちのハブラシ(神宮寺)

★④てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~(きしいわ(ちび))

⑤BYAKUYA(お兄さん無所)

 


まずはじめに、
(いまさらだし終わってるけど)つっこんでいいかな?

 

ひとりぼっちのハブラシ(神宮寺)

④てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~/(きしいわ(ちび))

⑤BYAKUYA(お兄さん無所)

 

↑この流れwwwなにww?おかしいだろ。

 


神宮寺による2日まではアコギ弾き語り、3日目からはバンドをバックに披露した定番ラブバラード「ひとりぼっちのハブラシ

 

からの~

 

さるの耳を付けた岸くんと、ブタの耳を付けた岩橋くんと可愛いちびたちが元気に走り回り、岸くんがピュ~っと吹き、客席に尻を向けて振る「てぃれけつ」

 

からの~

 

お兄さん無所(ひろちゃん、今村くん、末武くん、三角くん)による渾身の「BYAKUYA」+前半は耳を付けたままのさる岸とぶた岩が階段の上で熱唱(そして真面目)。@にうすの妖艶ソング


カオス。

 

これをカオスと言わずして、何をカオスと言うんだっていうセトリ。
ファンがいっさい処理できていない状態で始まる「BYAKUYA(にうすの曲)」

 

たぶん…(楽屋のやり取り(予想))

 

三末廣今「4人で話し合いました。「BYAKUYA」をやりたいです」

 

神宮寺「…いいじゃん。カッコイイ系の曲だから、俺たちFクリエのカッコよく、かつセクシー、それでいてワイルドというコンセプトにばっちり合うと思う。一緒に頑張ろうぜ」

 

三末廣今「はい!ジングウジさん!!」


~決定~

 

みたいな、話し合いがあったか知らんが、こんな感じで決定したのだろう。

 

それを「てぃれけつ」の後に突っ込むとはね…恐れ入った。

もっとステージというものはストーリーを重んじるものじゃないのか?まあいいけど。 

 

さすがは、普通の人1名※しかも相手の意見を尊重するタイプ(神)、とても変な人2名(岸岩)の3名で構成されるプリンス。

 

常人にはまねできないトリッキーなことを考える。

 

大人の考えなら、「てぃれけつ」周辺のカオスセトリはあまり考えられないだろうから自分たちで決めたんだろうな…。大人が考えたのだとしたら、その人だいぶ変だよ。ちなみに。

 

まあ、あの独特な緩急が他にはなさそうで良かったけどね。※結局褒める

 


で。やっと本題ですけど「てぃれけつ」…。

 

キスマイ派生グループ「舞祭組」の曲で、『棚からぼたもち』に続く2ndシングル『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~』のことです。


去年のクリエで、岸くんとたかいとと、廉だっけ?(曖昧)が『棚からぼたもち』を披露してめっちゃくちゃウケたんですよ。

 

それをサマステではMr.KINGで披露して、これもけっこう盛り上がりました。

 

そのため、味をしめて、絶対また「舞祭組」関連持ってくるとは思ったけれど、今回は去年を上回る大爆笑の渦だったね。※笑いの意味では


岸くん…グッジョブ。※GJ


神宮寺のソロ終わり、軽快な前奏と共に、中央12列のお立ち台にサルの耳を付けた岸くんと、ブタの耳を付けた岩橋くんがハンドマイク片手に登場するんですよ。

 

岩橋「二つに割れちゃうだなんて まるでお尻みたいで(やだねやだね)」

 

とか、岩橋くんが歌っちゃうんです。


岩橋くんと言えば昔からジュニア界では「お尻」のシンボルみたいなところがありましたけど、わたしビックリしちゃいましたよ。

 

自分で言っちゃうだなんて(曲の歌詞だが)岩橋くん、大人になったな。と

まさに二つに割れちゃって進化しちゃったのかな?って。 

 

去年くらいから「自慢の尻」を全面に出して(あらゆる場面で尻をアピールして)きてるとは思ってましたけど、ここまでとは…

 

「俺は体型がコンプレックス」的なことを昔は言っていたのに、やっと気づいてくれたんだね。。

 

そこがいいってことを…(しんみり)

 

セクバのお尻がプリプリ代表といえば、岩橋くんと松倉海斗みたいなところがあったじゃないですか、ほとんどのセクバは尻に肉がほとんどないので。で、ぜいクリエでは松倉が「お尻」を全面に出したセクシーポーズを決めたらしいんですよ。もうね、二人とも本当に自分の持ち味を理解出来る大人になったってことですよね。※大人辛い

 


そして、話は戻ります。

 

岸岩「偉い人でもおバカな人でも 割れてるお尻は変わらない」

 

とか言って。

※書いているだけなのに人として恥ずかしくなってきた。凄い歌詞だな


サルとブタ、こと、岸くんと岩橋くんが歌いながらステージに移動します。

ステージにはかわいいちび達も登場。

 

ちび達が私服っぽい衣装のため夕方の小学生が集う公園みたいな雰囲気になるステージ上…

 

ステージに向かう最中。

にわかに緊張しているのか、キリッとした顔の岸くん…(曲中だぞ)

 

なんだろう?この感じ。
岸くんから漂うあの緊張感…

 

まるで、まるで、そう、

あの後ろ姿、映画のようだ。


※岸くんは昔から最もばかみたいな場面でカッコよくなる男なのだ


アルマゲドンかな?

 

ブルースウィルスなのかな?世界を救うために立ち上がった男かな?って顔。

アルマゲドン [Blu-ray]

アルマゲドン [Blu-ray]

 

 

ブルースさながらのあの顔。

 

岸くんなのか、ブルースなのか、もはやわからない。

 

ステージに上がったブルース(岸くん)は、地球の子供たち(ちび)、そして彼を見守る地球の住人達(ファン、見学Jr)に背を向けます。

 

デカイ背中だ…うう、岸くん、、、地球のためにありがと、南無三!!

 

振り向いたブルース(岸くん)の手には、白い何かが…

あれで、地球を救う気なのだろうか(震


ブルース(岸くん)の脇に従えるベン・アフレック(岩橋くん)からも漂う緊張感。※アルマゲドンネタは続く

 

何かが起こる、そんな感じ。

 

岸くんは今までもここぞという時に奇跡を起こしてきた男なので、私たちのこと裏切るようなことはしないよね…信じているよ、南無三!!

 


ベン(岩橋くん)はマイクをそっと緊張感漂うブルースに向けます。

 

 

ピュ〜〜〜〜〜〜

 

 

 

  

是非、どこかで見つけてご確認いただきたいのですが。

 

舞祭組の曲ではお馴染みである横尾渉さんこと横尾さんのソロ場面あるじゃないですか。もちろん、「てぃれけつ」の中でも異彩を放つ衝撃のシーンは横尾さんのソロシーンなのですが、あのインパクトを超えるものは見れないと思っていました。

 

やはり、どんなに頑張ってもオリジナルには勝てないじゃないですか。

 

岸くん。まず歌、得意ですし。

横尾さんのような天性の才能を持っているわけじゃないので、どうするんだろうと思ってた…。

  

まさか、歌いもしないなんてな。

 

日本に住む小学生ほとんどが経験するソプラノリコーダーという小道具で、天性の才能によるソロ部分を華麗に回避したトリッキーコンビ。※しかもプリンスの名に恥じぬ純白のリコーダーを使用…まず王子様はリコーダーを演奏しないけどな

 

ピュ〜、ピュ〜〜、ピュ〜ピュピュ〜、ピピピ〜♪♪♪ 

 

クッソwwwwwwwwww

 

緊張してるのか笑ってるのか知らんが、音がスッカスカになっとるwwww

しかも、周りで子供達に見守られてるのがなんとも言えずシュールだwww

 

割と長い岸くんのリコーダーソロが終了すると、全体の緊張感も解け、弾けるように全員が飛び出し、ぐるぐる回って遊んだり、会場にお尻を向けて振ったり(岩橋くんの尻が拝める。ただ、痩せたよね)、とにかく岸岩もバックも楽しそうで可愛いんですよ。

 

もう、全員が楽しい!!って感じで。

 

今回のFクリエは特に、彼らが大人になったことも理由の一つだと思いますがカッコイイ曲ばかりで構成されているので、本当に楽しそうに遊んでいる姿はとっても貴重で、見応えがありました。

 

かっこいいのもイイけれど、楽しいのはもっとイイので、今後も会場もステージも見学も全員が一緒になって盛り上がれる歌を歌って欲しいと思いました。

 

んん〜、また見たいよお。 

サルくんとブタさん―音が見える絵本

サルくんとブタさん―音が見える絵本

 

 

※余談ですが。

 

私は、見ましたよ。
平野紫耀くんがバルコニーで羨ましそうに見ているのを。

 

あれだけの盛り上がりを見て、心中穏やかではないだろう…(アイドルのくせに笑いをとりたい人々の一人なので)


つまり、プリンスと紫耀くんが久々に繋がる夏のEXシアター。

完全に期待できるということさ!!