読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

【Fクリエ】岸くん、岩橋くん、神宮寺、お疲れ!!【総括①】

ずっとブログをアップできていなかったので、

溜まっているものを続々と出していきたいと思います。

 

ほとんど、自分の備忘録的意味の強い内容な上に、かなり前の出来事も含みますので悪しからず。

 

 

Princeの3名がメインを務めた「Fクリエ」が(だいぶ前だけど)千秋楽を終え、全4日間7公演は大盛況のまま終了となりました。

 

最高に素晴らしい公演で、わたしの中で、一番楽しかったクリエはダントツでセクボクリエ(岸じぐいわあらちか)公演だったのですが、Prince公演はそれに勝るとも劣らない楽しい公演でした。※バックも含めて最高だった

 

ほんと、立派になって感慨深いですわ。

 

3人で乗り越えたという自信が、将来に向けて大きな財産になるのは間違いないと思います。

 

マジですっかり立派になっちゃったよね(しんみり)

 

今回の公演を見て、改めて成長していく姿を見守れることはとても幸せなことなんだなあ。と実感しました。※いつもおじさんとか言ってごめん。

 

プリンスは3人とも同様にですが、沢山ある「できない」事を「できる」ようになるまでの過程を惜しげもなく見せてくれるグループで、昨日ダメでもだんだん良くなるというか。不器用だけど頑張っていく「成長を一緒に応援する」を楽しむグループだと私は思っています。

 

3人とも真面目でいつも真剣なので、

どうすれば良くなるか?というのを常に一生懸命考えてくれていて。

 

今回のクリエも、その真面目っぷりを炸裂させ、日程の前後半でセットリストを変える。という超ドラスティックな方法をとってきたわけですよ。びっくりしたけど、それでこそクリエだよねと思いました。

 

最高だったジャニワコーナーでのそれぞれのソロを削り、バンド(小川福本矢花とらんぴー)を招集し、早い段階で3曲ぶっ続けでTOKIOメドレーでヘドバンするという暴挙にでた3人。しかも岩橋くんは脱ぐ

 

バックジュニアの出番が2曲分減ってしまったので正直ちょっとショックでしたが

 

これが功を奏し会場が温まり、日程後半の大盛り上がりにつながったのかな?とも思いました。

結果的には大成功だったんじゃないかな。

 

TOKIOメドレーでは、岩橋くんも脱いだし、岸くんは200回連続ジャを披露したし(200回連続ジャ→岸くんの「ジャジャジャジャ」という昔からよくやるジャを繰り返す謎の煽り)、神宮寺も尾崎リスペクトの壁蹴り後ろジャンプも決めたし(但し、数センチしか飛べていない)文句無しですよ。

 

次に決定しているプリンスのお仕事は、EXシアターでのサマステ、博多座のジャニワです。

 

まだまだ忙しい日が続きますが、

 

ひとまずしっかり休んでほしいです。

※でもスノクリエにも駆り出されたし、また何かあるかもですが…

 

よく寝て、よく食べて。次に備えてね。

岩橋くんはしっかり野菜も食えよ!!すぐ風邪ひくんだからな。

 

--------------------

 

で、無事Fクリエは終了したわけですが。

 

思えば、岸くん、岩橋くん、神宮寺の3人は、メインとしてずっと同じ回のクリエに出演しています。

 

ある時は、セクバという大所帯の中の3人。

 

ある時は、じぐいわ岸あらちかの仲良し5人組の中の3人。

 

ある時は、キンプリ(当時は名無し)の中の3人。

 

そして今回は、「Prince」というグループとしての3人。

 

 

いつも3人は一緒だったけど、その回によってお互いのやるべきことも、状況も、意気込みもきっと変わっていて。

 

それぞれ顔つきも違っていたよなあ。と今は思う。

 

セクバの時は初めてのことでハラハラだけどひたすら必死で一生懸命で、

クリエセクボではとにかく楽しそうでギラギラしていてやる気が満ち溢れていた。

 

Aクリエ(後のキンプリ)では、大きな渦に巻き込まれて、完全に大人(プロ)の手が入っていたので、純粋に楽しめたか?と言うと楽しいとはちょっと違っていたかな。ピリピリしていたし、ドキドキした

 

んで。

 

今回は、セクバの時と同じでハラハラさせる部分あり、クリエセクボと同じギラギラした野心ものぞきつつ、Aクリエでの、大人(プロ)の仕業っぽいコーナーもある。

 

1度に今まで経験したクリエの醍醐味全てが組み込まれたものでした。

 

3人だけのメイン公演だったので、緊張しただろうし、不安だったと思いますが、結果大成功で文句なしに素晴らしかったと思いました。

 

 

何が感動したって、プリンスのクリエを見るために、昔同じ釜の飯を食った(一緒にクリエをやったことのある)ほぼ全員が見学に来てくれた。ということですよ(ウウウウウ、泣ける

 

どこをとっても、

良かったことだらけのクリエでした。

 

改めてですが、岩橋くんは本当に、いつも近くに神宮寺と岸くんがいてくれることがどれだけ幸せか、噛み締めて生活したほうがいいよ。

 

まじで。

 

 

ということで、クリエについては、できる範囲で更新していきます。

正直、未だに「野球大会」の記事をアップしていない自分のずぼらっぷりにビビる。

 

書いたんですよ。

途中まで。

 

おまけ。 

 

今回のクリエで何より「プリンス誇らしい」と思ったのは、後輩を盛り上げようと一生懸命だったところです。

 

しっかり自分たちが若手時代に先輩(戸塚くん)に背中を押してもらった「教え」を守って、同じように後輩を盛り上げていたよね。

 

最近記事に書いたばかりの、内村颯太くんとひろちゃんもF公演に出演していたので、より「プリンスさいこう」と思う気持ちが強くなりました。

 

あれだけ、メインもバックも誰ひとり手を抜かず、満足げに楽しそうに終えることができたステージっていうのも中々ないんじゃないかな。と思うよ。

  

これからも、自分たちが誰より楽しんで、バックも一緒に盛り上げて、最後には全員が満足できる。そんなステージを作ってほしい!!

 

今回の気持ちを忘れずに、真っ直ぐ突き進んでいこうね!プリンス!!