読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

【祝・CDデビュー】ジャニーズWESTの皆さん、そしてファンの皆さんおめでとうございます。

本日4月23日、ジャニーズ事務所から新たなグループがCDデビューしました。


わーい!
おめでとー!!CD買ったよ☆


ジャニーズWESTの皆さん、そしてファンの皆さん、この度は本当におめでとうございます。

街(渋谷)がジャニーズWESTに色づいている様子を見てきましたが、正に「米騒動」といった具合でわっしょいわっしょいお祭り状態でしたよ。


デビューって凄いですね。


ずっと応援してきた方たちにとっては、これ以上ないほどの喜びだと思います。10年ですもの、長いよ。

私なんて10年前とか、寺西とかモロとタメだわ。※結構大人だった件


率直に、、羨ましいっすねぇ。

私もジュニアを応援する身ですので、一つの答えであるCDデビューを間近で見るのは、岩橋くんや神宮寺の将来を重ねて考えてしまい複雑半分ですね。

不思議な感情です。



私とジャニーズWESTとの出会いは、さかのぼること。






つい最近。


友達が出張で行くことができなくなった「なにわ侍~ハロー東京」初日のチケットをバックの東ジュ目当てで譲り受け、間違って参加してしまったところからです。

あの伝説の7人の侍がお披露目された日にうっかり立ち会った空気の読めない東ジュ岩橋担ブロガーである私は、一目見た瞬間にキラキラした強力な風を受け、興奮冷めやらぬうちにブログを書きあげ、絶賛と言う印象をエビデンスとして残したのでした。

それからも関わりは途切れることはなく、ジャニヲタでない我が妹が「売れる」と彼らを絶賛したり、自分もついついCDを予約したり、応援したいなぁと思うほどまで膨れ上がったのです。


元々、私は「東京Jr」の「岩橋玄樹くん」とそれを取り巻く神宮寺を中心としたジュニアを応援しているため。

関西ジュニアの情報など、少年倶楽部の関西コーナーと唯一の関西担の友達から、うっすらもれる「こんなことがあったんんやで~」「関西も色々やで」ってことだけ。


そういった噂やゴシップ的出来事等も、別次元で起きている無関係のことと思って聞いていたのです。


「関西も大変だな」

とか

「良く知らないけど、4人でデビューなんだな」

とか

「4人と発表したすぐ後の、あけおめコンサートに他の人も出るなんて残酷だな」

とか

「これを区切りに辞める子も出てくるんだろうな」

とか


完全に部外者が週刊誌を読んだ後の感想のような、近い将来東京でも同じようなことが起こるのかなヤダナ…という彼らに心を寄せるよりも岩橋くん越しの彼らへの感情と興味しかなかったのです。


何より彼ら背が高いじゃん!?駄目なんだよ私チビ担だし。巨大すぎるし、大人すぎる。一番小さい神山くんでさえ、それほど小さくないじゃん!!

私ほどのレベルになると、「こっそりシークレットシューズを履いているくらいでないと萌えない」ため、アンガールズより上島竜平出川哲郎派なので、とてもではありませんが関西の(しかも)大きいジュニアに注目することもありませんでした。


しかし、物語はお正月からたったの一カ月の間に二転三転し、衝撃的にドラマティックな形でスタートラインを迎えるのですよね~。

10年間磨ぎ続けた爪はそれはそれは鋭く、一切興味ない状態で「なにわ侍」に行った私もガッツリ引っ掻かれることになりました。※10年ってのは、関西は10年デビューできないみたいな謎ジンクスから言ってるだけ


引っ掻かれたのは私だけでなく、ザ・無関係の私の妹まで…ww※少クラで


「この人たちは間違いなく売れる…」と断言する始末。


何を見て絶賛しているのかは知りませんが、少なくとも一般人1名は取り込んだと言えますw


実際、私も売れるとは思う(コソッ)。
面白いもん。


ただ…デビュー組超大量発生のため、数少ないバラエティーやドラマ映画のバーターの椅子を数倍の人数で取り合うような事態になるのは確実で、簡単に「売れる」という状態に辿り着くのは難しいですよね。浸透するのもは至難の業だと思う。

表舞台に出るまでの入口の時点でふるいにかけられるわけだし…若手ジャニで誰でも知っているレベルの人なんて一人もいないから、みんな必死だもん。

ジュニアも戦国時代ですが、デビュー組みも結構戦国時代なんだな…※マリウス頑張れ!

簡単に彼らのいう「てっぺん」にはいけないでしょうし、これから想像もしなかったような困難な道が待っているかもしれませんが、すでに数々のドラマを乗り越えた彼らには「結束」っていう他のグループが簡単には掴めない最大の武器がありますから辛い時にもみんなで頑張れそうな感じがする。※部外者目線ですけど


枝は一本だったら簡単にへし折れてしまうけれど、束になったら簡単には折ることはできない。

団結は力なり。


というイソップ童話がありますけど、まさに彼らにピッタリですね。


その枝は4本の束から、7本の束になりました。

しかも1本はかなり太いです。丸太(照史)です。


簡単には折れないと思います。
丸太など相手にできるのはチェンソーだけ!!


そんな期待に胸膨らませながら、Mステを見たんですがいつもと少し違う様子でしたね。。

ガツンと喋りまくり、集団コントを繰り広げ爪痕をザックリ残すのかと思っていましたが、爪痕を残したのはジャニーズ若手の欠かせない背景こと番協の女の子たちだったわけです。

濱ちゃん推しの妹が「少年倶楽部の方がイイ、なんで喋らないの!?良さがでてない」などと、ヲタクさながらの発言をしていましたけどww※何様!?

そりゃ究極の内輪慣れ合い番組「少年倶楽部」と「Mステ」では緊張の度合いも注目度も違うに決まっています。


仕方ないじゃん。


妹には「初体験は誰しも緊張するもんだろ」って言っときましたよ。


当たり前です、初めてだもの。



しかし、

少年や現場では騒がしく喋りっぱなしの彼らが、「借りてきた猫」状態で顔を真っ赤に(服も真っ赤なのに)硬い表情でちんまり密集している余裕のない姿を見て、私は可愛いと思ったけど。

…半年後には平気でタモさんにも馴れ馴れしくも突っ込んでしまう恐れを多分に持った彼らの、最初で最後の恐縮した状態かもしれないんですもの。



近い将来…

「ウルサイ!喋りすぎ」「またジャニーズWEST!?」「もうわかったから黙れよ!」とテレビ画面に向かって突っ込む日が来るのは、ほぼ間違いない。







気がする。



※最後に…

「粉もん」親善大使おめでとうございます。ちなみに自分の好きな粉もんは、アメリカンドックです。