読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

【2014年】Jr.内閣改造【M誌恋人にしたいJr.】

私は昔、ボス猫VSボス猫のガチ抗争を見たことがある。


猫は「ギャー」「ギーww」と掴み合っていた。

私は焦った揚句、見ず知らずのボス猫×2に向かい「コラッーー!!」と大声をあげ追い払った。喧嘩を止めさせたのだ。

勇敢な戦士の活躍により猫たちは離散し抗争は終息を迎えたかに思えたが、後日血だらけの白ネコ(巨大)が私の前を横切りサシの勝負に水を刺した私に勝利の勲章(血)を見せつけた。
※本当に血だらけだったので捕まえたかったのですがボスともなると逃げ足も速く不可能でした。負傷兵のくせに。

「俺がこのナワバリを納める。俺が今日から真のリーダーだ。」

とボス猫(巨大)は私を睨みつけそう言った(ように見えた)

その場を後にした彼の後ろ姿は、百戦錬磨の騎士を思わせたのです。



縄張りの長(おさ)が変わった瞬間でした。



ただいま紹介したボス猫のように、血で血を洗う抗争を繰り広げトップの座を勝ち取る手法もありますが、本人の意図しないところで何らかの意志や根拠不明確なランキングによって決定づけられる改革もあります…

前者(猫の抗争)がまさしく戦国時代さながらの男と男が織りなす決戦であり、後者は徳川幕府がおこなっていたような欲望渦巻く政治色を丸出しにしたオゾマシイものです。

M誌の恋人にしたいJr.ランキングが果たして前者なのか、後者なのか定かではありませんが。

政治的な意図がゼロのランキング等面白くもなんともないので、今後の方針が読み解ける指標になっていると仮定してみてみます(私は)。


ってことで、毎度おなじみ「M誌の恋人にしたいJr.」が発表されましたね。

健人くんというランキング荒らしが退いてから、2度目の大会となるわけです。
※健人くんは主要部門ほぼ全てで1位になるという力強さでJr.ランキング回の吉田沙織と呼ばれていたのだ(ウソ)

去年の恋人にしたいランキングは、、
岩橋くんが7位でした。

確か(適当)、去年はまさに順位通りの活躍をみせたよね。一年間働いたもんね。

この時は神宮寺が「生まれつきカッコイイ俺でごめんな」という恥ずかしい迷言を残しているため、今年も期待していいと思います。※迷言という面で

ACミラン入団会見で本田△が放った「リトル本田に従った」を超える迷言が飛び出すことに胸をときめかせながら、M誌を開いたのです。


ぶっちゃけ早売り情報流れてたから順位とっくに知ってたけどな!!


発表されたし今年の組閣人事…
内閣改造ともなれば、2014年が左右されるかもしれない大切なブツブツ


今回は15位まで発表されましたが、顔ぶれはなるほどね。って言う。







1位・・・




橋玄








橋玄




??









つづく