読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩橋玄樹を考察する

ジャニーズJr.(Prince)岩橋くん、岸くん、神宮寺くんを中心とした、東京Jr.(主にちび)について考察してゆきます。 じぐいわきしForever!!

【平家派は妖精】茂に導かれ、、2013【フィルフェス】

友人に誘っていただき「ジャニーズ・フィルム・フェスタ2013」へ行ってきました。

※自担ユニ出演なし

しかも、初日です!(8月1日3部)

今回のフィルフェスは、

TOKIO城島茂氏が27年前から練りに練った何か(映画)であり、

ジャニーズの色んな人が出演するという前情報のみを胸に、

私は、去年セクゾンsummaryが行われたTOKYO DOME CITY HALLの席に腰をおろしたのです。

驚くなかれ27年の構想ということは、、

私が齢1歳のころから練りに練られた作品だということです。

完全にビンテージ!!

summaryへの大きすぎる未練を思い出し、くちびるを噛みしめていた私(28)も。

この後、茂の構想27年に及ぶ壮大な物語にいざなわれることとなったのです。

結論から言うと、

骨の髄まで浸食されたジャニヲタの皆さんは非常に楽しめるものだということです。

よって、

私は非常に面白く見ることができました(もう否定はしない。私は骨の髄までいってる)

沢山の豪華ジャニ対談なども出て来て非常に楽しいです。

聞いたことがある話も多いけれど、平家派(城島坂本長野山口太一いのっち)がでてきたりヲタには笑える、いろいろな小ネタも仕込まれています。

茂氏の怪演も必見です。

では、では。

※ここから下は超絶ネタバレ注意

(記憶に頼っておりますので、信ぴょう性ZERO~です)

関西に住む友だちにせがまれたので、台本…っていうか小説風に書きます。

大都会東京でラグジュアリーに暮らす、ジャニーズベテランアイドルグループTOKIOのリーダー城島茂(42)

順風満帆で温厚に見える彼にも、

不安はあるのです。

「アイドルの賞味期限…」

次から次へと登場する後輩たちに追い抜かされていく恐怖、、、

自分はもう時代遅れなんじゃないか。。(なんというリアルな悩み…)

茂氏は後輩アイドルたち(嵐とかジャンプ)が爽やかに表紙を飾るMyojo誌を眺めながら不安に震え、ペンをとり何かを綴り始めたのでした。

××××

撮影を終えたアイドルグループHey!Say!JUMPのメンバーがスタジオの廊下を歩いていると、そこには茂氏の姿が。

ジャンプは大先輩の登場に恐縮します。

茂氏は後輩たちにこう切り出しました。

茂「きみら何年目?」

じゃ「6年目です」

茂「ジャニーズライセンス更新のときやな(ニュアンス)」

※ジャニーズアイドルは6年に一度、ジャニーズアイランドという島で試練を乗り越えジャニーズライセンスを更新する必要があるらしいのです!!!しらなんだ。

茂氏は、

輝く自らのゴールドライセンスカードをジャンプたちに見せつけました。

※当然茂氏はゴールドカード、ノースキャンダルノージャニーズライフで早27年

そして、

茂氏は彼らをライセンス更新へと誘いました…悪い顔をしながら。。

そう、、

後輩の追随に恐怖を抱いている茂氏は、ジャンプにライセンス更新をさせないため試練を邪魔する作戦を考えているのでした。

当然、

先輩を信用しきり、何も知らないジャンプメンバーは誘われるまま、帆船(?)に乗り込みジャニーズアイランドなる島へ入島したのです。

うす暗くきみの悪いジャニーズアイランドで待ちかまえていたのは、茂氏でした。

茂氏は「茂ではない」と言い張りながら、チャーリーとチョコレート工場のパクリの服装でジャンプへライセンス更新の内容を告げました。

「6つの水晶(ドラゴンボール)を探すこと」

試練内容は非常に簡単です。

ジャンプは、7チーム(山田くんたち)とBESTチーム(やぶひかたち)のふた手に別れ「水晶」を探しに行きました。

まず、7チームが辿りついた場所で突如として画面が切り替わります。

①MCとかキャスターやってる人たちの対談(太一いのっち亀翔くん)

・抜擢されて驚いたこと

・俺たち新聞いっぱい読んでるぜ

・いのっちが朝イチで「子宮」と発言してて驚いた

・太一くんは後輩がでてきたら潰す

・翔くんがこの道のパイオニアで凄すぎるので事務所前に銅像をたてよう(いの太)

・今後の展望

・もっとキャスターとかできる後輩がでてきたら嬉しいね

→太一といのっちのMCが上手すぎてトークが軽快に進みまくっていた。

やはり、翔くんはこの中でも特別(選挙とかやるので)と先輩から認識されている様子。

対談映像が終了すると、水晶があらわれます。

水晶には何やら漢字一文字が…

次に、BESTチームが辿りついた竹林みたいなとこでも映像が…

②映画にいっぱい出てる人たちの対談(岡田にの斗真)

・台本の覚え方について(岡田は全てじっくり事前に読み込む、斗真は前日にしっかり入れないとこわい、にのは自分のとこだけ仕事帰りに読む)

・斗真は岡田くんを准一くんと呼び、にのは岡田くんを岡田氏と呼ぶ

・にのは世界一速く準備する照明さんになりたかった

・斗真のアクションの師匠は岡田くん

・岡田くんは一度たりとも斗真をけいこ後飲みに誘ってくれず斗真悲は悲しみに暮れていた。

・カツンの上田くんは岡田氏にビビってるんじゃないか?(にの)いや、なめられてる(岡田)

・岡田くんがはじめて演技をしたのがVの炎でヤバイ。

→この人たちはただ喋っていただけという印象。でも自然なトークでした。

終了後、また漢字一文字が入った水晶があらわれます。

水晶を手にした、ジャンプが合流。

この間も、ジャンプメンバーは茂氏から姑息ないたずらを仕掛けられます。

茂のワナにより落とし穴だか(曖昧)に落ちたジャンプが彷徨っていると、聞き覚えのある声が聞こえます。

知念「あっ!大野くんの声だ!!」

※知念くんは強火大野担

走りだす知念くんを追うと、そこにはとんでもない姿の二人が(偏った芸術家の姿(ヤスのコーディネート?))。。。

③サミーのお絵かきゾーン(大野(サミー)安田)

・サミーのお題により画を描かされるジャンプ

・お題①「犬」

・お題②「大野くん」

・みんなそれほど下手ではないが、色使いが最高にキモい

・洋服を書くのがジャンプは得意

・知念くんは画が苦手だが大野くんの絵は中々うまいという愛

・大野安田がすでにアイドルではない。やりすぎこわい(くちびるはバカ殿)

・楽しくお絵かきをして、最後にもう一つ書きたいものがあるとサミーにお願いするジャンプ ←ここ伏線

→ここだけ、全くその他の対談と色が違う。なぜ中盤なのかww!?

サミーに水晶をもらい、

満足して退場するジャンプメン。

これで水晶は3つ揃う。

9人でわちゃわちゃしていると、

またもや茂氏の襲撃をくらい7とBESTに別れてしまう。

彷徨う、BESTの耳に音楽が聴こえる。。

④音楽大好きな人たちの対談(長瀬錦戸大倉)

・はらちゃんの歌が超いい件

・お互いの作った歌を歌い合う

・三人ともギター、スタジオで演奏ありの対談

・むちゃぶりでドラムを強要される大倉くん、長瀬錦戸もドラムを叩いてみる

・作詞作曲について

スノーホワイトという錦戸が作った曲について

・「スノーホワイト」=「白雪姫」と知らなかった人たち

・錦戸は朝曲を作る、夢で歌ってる時がある

→2曲ガッツリ歌っていた

彷徨う7が気づいた先には劇場。。

⑤チーム・座長(東山先輩坂本くん光一タッキー)

・舞台での姿勢

・先輩との共演について

・はじめての舞台について

・プレゾンの時ヒガシは、茂氏にずっと小刻みにカンチョーされていてつらかった

→とにかく豪華、タッキーがさすがに若干萎縮していたw

またもや水晶を手に入れた7とBESTが合流して、最終試練へ。

※終始小ネタらしきもの満載ですが、私がジャンプの子たちのキャラなどを知らないため同調できず。

しかし、周りのギャルたちはキャッキャ笑っていたので、たぶんメンバーに関する小ネタが満載だったのかと推測できます。

⑥茂の間(ジャンプVS茂)

・ジャニーズクイズで決着

・ヲタならわかる問題が茂から出題される

・間違えるとジャンプメンバーが一人ずつ消える

・高木は茂に生意気と判断され消される

メンバーは半分消されたが、残りの山田知念ゆーとでクイズをクリアする。

茂はそれでもジャンプに水晶を渡したくない。

後輩であるジャンプに追いぬかされるのがこわいからだ。。

ダダをこねる茂(42)に大困惑するジャンプ…

その時…

集めた水晶から妖精(業務用ドレッシングサイズ)があらわれる。

妖精「じゃーんぴんとぅーまいどりぃーーーーー」

じゃ「!?」

妖精「せつなーいこーのーこころでーーーーー」

茂「!?」

水晶に書かれた、漢字一文字は。

「城」「坂」「長」「山」「国」「井」

歌う妖精は、坂本長野山口太一いのっち…

ここで、金田一少年(山田)は気づいたのだ!※おせぇ

金田一「そうか!!あの水晶に書かれた文字はここにいる、平家派メンバーの頭文字だ(ドヤ)」

※平家派っていうのは、TOKIOとV6ができる前のジュニアユニット。茂氏たちが所属。

平家派妖精の面々は茂氏に言ったのです。

平家派「賞味期限なんて関係ない。茂は茂しかいないのだから(ニュアンス)」

茂「(泣)!!そうやったな!みんな!!」

茂も妖精のコスチュームに変貌してゆく…

そして、

改心した茂妖精とライセンスカードの更新を果たしたジャンプは、ジャニーズスピリットを胸にわかりあったのだった。。。

めでたしめでたし

××××

茂「むにゃむにゃ…!?」

何かを書こうとしてラグジュアリールームでガウンのまま寝ていた茂。

茂「なんや、夢だったのか…」

その時、チャイム。。

届け物として届いたのは、ジャンプがサミー(大野くん)のくだりでもう一つ書きたいと言っていたもの。

茂氏の似顔絵が描かれたスケッチブックだったのです。。

あれ?ジャニーズライセンスって夢じゃなかったのかな?

で。

おしまい。

という感じでした。

対談の内容については、一回見てもらった方がよさそうです。

私も、メモとろうと頑張ったんですが暗すぎて無理だったので、記憶から台本風にしただけです。

間違ってると思います。

でも、ニュアンスはこんな感じ。

ってことで、疲れた。。

カンジュ担のお友達へ…

こんなレポートでよかった!?

iPhoneからの投稿